2020-05-29

  

Apollo Lake Celeron CPU搭載の産業用ファンレス・パネルPC
『WLP-7E20シリーズ』をリリース、産業機械等の組込み用途に最適


  

proimages/news/Product_news/2020/20200601/2020_WLP-7E20_Series_v1.0.jpg

 

  

台湾の産業用及び医療用コンピュータ業界でリードするWincommではこの度、Intel® Apollo Lake J3455- 1.5 GHz搭載の最新モデルであるファンレス・タッチパネルPC『WLP-7E20シリーズ』をリリースしました。本シリーズの画面サイズは10型(SVGA: 800 x 600 or XGA: 1024 x 768)と15型(XGA: 1024 x 768)の2種類となります。同系列の従来機種『WLP-7B20シリーズ』(Bay Trail Celeron)と比較しますと、CPU Passmarkは約2倍となります。UBS3.0を4ポート標準装備し、外部映像出力もHDMIとVGA(アナログRGB)を標準装備しております。従来機種と同様にフロント・ベゼル(タッチパネル部)はIP66対応の防塵・防水構造となって おり、フロント・ベゼルの裏側は浸水を防ぐゴムパッキンも同様に採用しております。更に従来通り産業用グレードの設計で完全なファンレス構造も実現しており、シリアルポートも3ポート装備しておりますので、産業機械等への組込み用途には最適の設計となっております。 

     

前面フル・フラット構造でIP66対応で標準仕様は抵抗膜タッチパネルを採用
前面フル・フラット構造でIP66対応の防塵・防水機構を採用しておりますので、産業機械やKIOSK端末などに組み込むことで完全な防塵・防塵とすることが可能となりますが、フロント・ベゼルの裏側にゴム・パッキンを装着していることで、前面からのろうすい浸水も防ぐことが可能となります。また、スマートフォーンの普及で最近は『静電容量マルチ・タッチ(PCAP)』が主流となっており、本シリーズでもPCAPタッチのオプションはありますが、標準は高耐久性の5線式抵抗膜タッチパネルを採用しております。抵抗膜タッチパネルは絶縁体でも反応しますので、軍手などの厚手の手袋でもタッチすることが可能となります。
 
proimages/news/Product_news/2020/20200601/20200608.jpg
proimages/news/Product_news/2020/20200601/20200608-1.jpg
 
USB3.0、シリアルポート、外部映像出力: HDMIとVGA等の豊富なI/Oポート

各種デバイスとの高速通信を可能とするため、USB3.0を4ポート装備しており、外部映像出力は従来のVGA(アナログRGB)に加え、HDMIポートも標準装備しました。また、LANポートは1Gbps x 2ポート、シリアルポートはRS-232/422/485の何れかに切替可能なポートが1つとRS-232固定のポートが2つで合計3ポートあり、オーディオのLINE-OUTとマイク入力のミニ・ジャックも各1ポート標準装備されております。
      

proimages/news/Product_news/2020/20200601/WLP-7E20-10_BKFT_IO_web.png

  
豊富なオプションと簡易カスタマイズ対応について
ご利用者の利便性を高めるために標準オプションとして、『無線LAN + Bluetooth』、『TPM 2.0(Trusted Platform Module)』、SATA SSDへの変更及び『ステンレスや銀色のフロント・ベゼルへの変更』が可能です。
簡易カスタマイズ対応として、M.2 (Key B, 3042)スロットへのUSB2.0ポート・カードの追加も可能です。筐体改造としましては、『オープン・フレーム』、『シャーシ・タイプ』等があり、高輝度(1,000 cd/m2)液晶パネルへの変更や『2nd SSD(HDD)追加によるRAID 0,1への対応』なども可能となります。
    
proimages/news/Product_news/2020/20200601/WLP-7E20_vs_7B20_JP_ver.JPG

FCC, CE (EMC), VCCI Class Bに適合
WLP-7G20シリーズは、KIOSK端末や工作機械などへの組込み用途向けが殆どですが、商業施設や空港などの公共施設へ設置されるケースもあるため、妨害電磁波を低く抑え、一般家庭やオフィス環境でもご利用可能なFCC/CE/VCCI Class Bを取得しておりますので、幅広い設置環境に対応可能となります。


Wincommでは、マザーボードや筐体などの構造設計に至るまで全て自社で設計開発しており、BIOSやドライバーの修正なども携わることが可能ですので、お客様の様々なご要望を満足し、安定的な供給をお約束できます。また、本製品『WMP-19K』は既に販売開始しておりますので、お気軽にお問い合わせください。(バッテリー内蔵に関しましては、個別ご相談のオプションとなります。)お問合せは「sales_support@wincomm.com.tw」または「sales@wincomm.jp」までお願い致します。製品情報はhttp://www.wincomm.com.tw/に記載されております。

  

Wincommについて

Wincommは台湾の産業用PC分野では、リーディング・メーカーの1社として、ご評価頂ける存在となって参りました。当社では、タッチパネル付きの液晶一体型PCを主力製品として、一部機種ではBOX型PCなども設計、製造しております。応用範囲は各種のFA用途向けから、産業機械やKIOSK端末などに加え、医療用コンピューティング分野などと幅広く、ハードウェアと合わせて各種のEmbeddedソフトウェアも提供可能ですので、様々な顧客ニーズにお応えできることを目標として日々努力している企業となります!

e-News Subscribe

e-News Subscribe